読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Snippets

対抗して作ってみた。

Darsana感想戦

一昨日 12月13日、Darsana TokyoというIngressのイベントを Resistance (青組) として戦って、負けてきました。 それの個人的なまとめです。

Darsanaとはなんであるのか

いちおう、少しは Ingressに詳しくない人も巻き込もうと、こんな節を設けてみましたが、詳しいところがいくつもあるのでとりあずそちらを紹介しときます:

端的にいうと、指定されたポータルを決まった時刻に数千人で取り合い、囲み合う紳士淑女の遊びです。

何が起こったか

dageziが知りうる、何が起こったか、ということを書いてみます。あくまで一兵卒の知り得たことであり、実際にはもっとたくさんの作戦、思惑がうごいていたんだろうと思います。

試合開始まで

dageziが属する Resistance では 1ヶ月以上前から秘密のコミュニティを G+上で作り、準備をしてきました。個人的にはそこまで準備する必要があるのかなあと思いつつも、当日後悔しないために必要だという先人たちの教えを聞き、キーを捨てて寒空の下指をかじかませながら Power Cubeを集め、地元を蹂躙する緑を「いつか見てろよ」と横目で睨んでバースターを節約していました。

そんな中、Elightmentが圧倒的に少ないという情報が流れてきます。

なんとなく、青の中では (というか自分の周りでは) 楽勝だな、緑弱すぎてつまんないんじゃ、という雰囲気も流れます。

また、Darsana前日の夜、緑のファーム (アイテムをいっぱい集められるところ) にいった青からは「今夜は壊さないでくれ、と緑に懇願された」という報告をうけました。「前日になって慌ててアイテム集めてるなんて pgr」という感はいや増していきます。

そして、当日、日比谷公園野外音楽堂にあつまった数も、どう見ても青が多い。さすがに 4000対600とかじゃないけど、6対4以上で青でしょうか。押しきれる感増します。

今から考えると、これはすでに緑の流す情報に踊らされてたんだなあ、と思います。

試合開始直後

試合始まって麻布十番で反応しないサーバにイライラしながらレゾネーターを挿していたところ、スマフォの画面が緑に覆われました。麻布十番が緑に囲われ、緑に +40%のボーナスポイントがつくということです。その時は、「くそっ、うまくやりやがったな。でもすぐに壊れて、次のラウンドには普通に戦えるだろう」と思ったぐらい。一兵卒としては、全体のことを考えず局地戦に集中するのが最適ですし、目の前のポータルに集中しました。

その10分間の第1ラウンドはポータルを守り切って、ほっとしたところで intel mapをみたチームメンバーから驚嘆の声が上がりました。「日本全部緑になってる!」

その様子はいくつものブログなどで記事になってるので (ingress速報など) 知っている人も多いでしょう。緑が襟裳岬遼東半島、グアムを結ぶ巨大 CFをつくったのです。東京にいる現地エージェントには手も足も出ません。

巨大フィールド物語

これほどの巨大フィールドを作るには入念な準備が入ります。

リンクを貼るためには、リンク先の鍵準備する必要があります。鍵は人同士が会って受け渡しせねばならず、物理的に運ばねばなりません。このクラウド時代に!!

また、リンク先、元のポータルとも 8本レゾネータを挿しておく必要があります。それが作戦時間に壊れていてはいけないので、敵に壊されないよう維持しなければなりません。さらに長距離のリンクを貼るためには、ポータルのレベルを上げておかねばなりません。今回、襟裳岬にあった レベル7のポータルを作るには最低限 3人その場に集まる必要があります。

そして最も大変なのが邪魔リンクの排除です。Ingressではリンク同士は交差できません。つまり、リンクを張ろうとしている2つのポータルの間に別のリンクを張ってしまえば、リンクを阻止して、フィールドが作られるのを防げます。特に長大なリンクでは間にリンクを挟む場所はいっぱいあります。そこを相手の手を読み合って、世界各地にエージェントを派遣したり、協力したりしてリンクを張ったり壊したりするわけです。

そして、そういった作戦は全エージェントに知らされるわけではありません。味方を混乱させないためもあるし、情報が敵にもれないようにするためもあります。

今回にも実際東京を覆った巨大フィールドの他にもいくつかの妨害リンクとかがありました。もちろん、自分はそれを知ってたわけではなく、終わった後いろいろ情報集めてそういうことがあったんだ、と知ったぐらいです。

青側が行った妨害リンクプロジェクトは LukewarkSAGARAと名付けられていたようです。かっこいい。 そこらへんの情報は Google+ で見ることができます。

https://plus.google.com/explore/LukewarmSAGARA

今見たところ、青側の Kazzy Katoさんのポスト が一番全体像つかめるとおもいます。いろいろ虚々実々の駆け引きがされているのがわずかながらわかります。

潮崎-沖縄リンクについては、リンクを張った青の SolidStakeさんのポストと、それを壊した緑の おさかなさんのポスト がそれぞれの視点で面白いです。

最後に、吹雪の中、襟裳岬までポータルを破壊しにいった青側の英雄 Amacatさんの一連のポスト も涙なしでは読めません。はオーバーにしても、吹雪の中、100km以上のドライブをしてくださって感謝です。

まとめ

巨大フィールドは目につきますが、それだけが敗因だったわけではありません。Volatile portalという高得点なポータルに重点的に戦力を配分するとか、先に書いた情報戦とかいろいろあります。多分、自分がまだ知り得ていない要因もあるんだと思います。

負けた直後は釈然としなかったのですが、こうして情報を集めてみると、自分が知らない中でいろいろお互いにあがいた結果こういう風になったんだなあ、と納得した気分です。緑は、実際に東京では勢力少ないなか、見事な作戦を成功させて勝利をもぎとったことにあっぱれです。悔しいのは変わりませんが。