読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Snippets

対抗して作ってみた。

図書館が便利になった

昔、といっても学生時代は図書館をはしごして週 10冊ぐらい借りていたものですが、最近はちっともいってません。というか、そもそも専門外の本を読まなくなっていかん感じです。電子本も積読状態のものが多くて、これ以上買うのもはばかられる。amazonほしい物リスト には十年来のリストが作ってあるけど、買っても読む確率を考えるとな、と放置中。

というような状態の時に その本、図書館にあります Chrome 拡張にであったのでした。カーリル自体は随分前から登録していたのだけどやっぱり、UIが面倒くさくて使ってなかった。でもこの拡張のおかげで、あっという間に近所の図書館にあるか教えてくれる。貸出中かどうかとかもわかる。自分の住む港区の図書館は予約用のボタンまで付いている。

とはいうものの、予約用にはアカウントが必要で、そこは実際に図書館に行かないとだめなのだった。ということで、やっとこのまえ重い腰をあげて図書館に行きアカウント申請してきた。ホントは近いんだけど、なんかお役所っぽい事務処理が面倒くさくて敬遠してたのはある。

旧態依然とした紙の申請書にいろいろ書いてアカウントできて予約してみると、確かに便利だった。図書館のサイトのUIはダサくて、一々確認の window.confirm がうざいものであったけど、現地行ったりするのに比べれば超便利。思わす調子に乗ってほしい物リストの本をかたっぱしから予約しそうになった。

人気の本は 50番めにならんだりして、ああ、やっぱりそんなもんなんだなあ、と思いつつも、予約できればラッキーぐらいだったので気にはならない。あとは順番が回ったことを知らせるメールを見逃さないようにするだけだ。

そういうわけで手元に以下の2つの本が来たんだけど、問題はちゃんと読めるのかしらん。買った本と違って2週間の期限があるから読める、とかなるといいけど。

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

ああ、あと最後になるけど、これも例のアドベントカレンダーの一部です。はい。